『春を背負って』 一歩一歩― きっとみつかる、あなたの居場所 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『春を背負って』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2014年/日本

 

【監督】

  • 木村大作

【出演】

  • 松山ケンイチ
  • 蒼井優
  • 檀ふみ
  • 小林薫
  • 豊川悦司
  • 新井浩文
  • 吉田栄作
  • 池松壮亮
  • 安藤サクラ
  • 仲村トオル
  • 市毛良枝
  • 井川比佐志
  • 石橋蓮司
  • 夏八木勲

 

 

あらすじ

 

 

立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 名カメラマン木村大作が『剣岳 点の記』に続き、山を舞台にした人間ドラマを描く

 

icon-check-circle 立山連峰での長期ロケによる映像は圧巻

 

icon-check-circle 原作は笹本稜平の山小屋を舞台にした小説のなかでもユニークな位置を占める短編

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

山に入ると気が大きくなるのか、くさい台詞が多い。トヨエツに喋らせるならまだ聞いていられるが、松山ケンイチはちょっと…

 

ありがちな山の雄大さや厳しさは、思ったより押し付けがましくない。山を舞台にしたヒューマンドラマといったところ。
ラストシーンもあれはあれで…

 

好きな点は、『春を背負って』というタイトルと、蒼井優の自然な演技。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。