『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』 ここは飲んべえたちのパラダイス 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2017年/日本

 

【監督】

  • 長尾直樹

【出演】

  • 吉田類
  • 伊藤淳史
  • 松本妃代
  • 津田寛治

 

 

あらすじ

 

 

運のない人々が集う居酒屋チャンスに、変装した人気アイドルの山下絵里子(松本妃代)が現れる(『居酒屋チャンス』)。妻子が帰省中の会社員日暮義男(伊藤淳史)は、一人で飲もうとどつぼ酒場に足を踏み入れる(『どつぼ酒場』)。詐欺の容疑が掛かっている会社社長の森本勝也(吉田類)は、通りすがりの居酒屋に入り……(『ふるさと酒場土佐っ子』)。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 酒場ライター(酒場詩人)として活躍する吉田類の看板番組がまさかの映画化

 

icon-check-circle 3か所の個性的な居酒屋を舞台に人情ドラマが繰り広げられるオムニバス映画

 

icon-check-circle 今作で吉田類はナレーター、主役、主題歌にまで挑戦している

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

3本立て短編オムニバス映画。

 

1話目「居酒屋チャンス」
内輪ノリでワイワイしてる酔っ払いたちを見せつけられる。苦痛。

 

2話目「どつぼ酒場」
不味そうな酒と不味そうな料理を不味そうに食べる姿を見る。辛い。

 

3話目「ふるさと酒場 土佐っ子」
酒場からすぐさまフェードアウトし、謎の回想シーンを見せられる。意味不明。

 

一体なんなんだこれは・・・

 

ストーリテラー的な役割を吉田類という人がこなしているが、どこから声が漏れているんだろうと思ってしまう声量の無さと、おぼつかないイントネーションで、ちっとも話が入ってこない。終始ふわふわしている。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。