『蝿の王』 生き残れるか、子供たち。 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

1990年/イギリス

 

【監督】

  • ハリー・フック

【出演】

  • バルサザール・ゲティ
  • クリス・フュール
  • ダニュエル・ピポリー
  • ジェームズ・バッジ・デール
  • ゲイリー・ルール
  • アンドリュー・タフト
  • エドワード・タフト
  • マイケル・グリーン

 

 

あらすじ

 

 

アメリカの陸軍幼年学校の生徒たちを乗せた飛行機が墜落した。とりあえず一命を取り留めた24人の少年たちは、近くの無人島へ漂着する。しかし彼らは、世間から隔絶されたこの島で、己の内に秘めた野性に目覚め、やがて理性と秩序を失ってゆく……。(allcinema ONLINE)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 少年たちだけの小さな島で起きた現代の神話 そこには世界のすべてがあった

 

icon-check-circle 原作はウィリアム・ゴールディングが1954年に発表した同名小説 のちにノーベル文学賞を受賞している

 

icon-check-circle 小説の舞台は「核戦争下の近未来」だが、監督のハリー・フックはこれを「現代」にアレンジした

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

無人島に漂着した少年たち。
人間の浅ましさや残酷性など醜い部分を炙り出す。大人のいない空間で純粋に狂気に走る少年たちを見て、社会や教育がいかに大切であるかを思い知ります。

 

子供たちだけで無人島というと『十五少年漂流記』を思い出す。しかし、あちらが夢物語に思えるほど、人間関係がこじれて上手く行きません。無人島サバイバル的なワクワク要素もほとんどありません。

 

ビジュアルとしては面白く、カルト的な作品に分類されるのかな?
ジャングルのなか半裸の少年たちが槍を持って走り回る。豚の頭を切り取ってオブジェにする。少年が少年をリンチする。などなど。強烈な映像多数。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。