『ウォーターワールド』 西暦2500年―世界は海に沈んだ 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

1995年/アメリカ

 

【監督】

  • ケヴィン・レイノルズ

【脚本】

  • ピーター・レイダー
  • デヴィッド・トゥーヒー

【出演】

  • ケヴィン・コスナー
  • デニス・ホッパー
  • ジーン・トリプルホーン
  • ティナ・マジョリーノ
  • マイケル・ジェッター
  • ゼイクス・モカエ
  • ラニー・フラハーティ
  • ジャック・ブラック
  • ジョン・トールズ=ベイ
  • キム・コーツ
  • ジェラルド・マーフィ
  • ロバート・ラサード
  • ダグ・スピヌッザ
  • サブ・シモノー

 

 

あらすじ

 

 

何世紀にもわたる環境破壊の末、地球の温暖化が進み、北極・南極の氷はおろか、シベリアの広大な凍土までが全て溶け、地球に大洪水が起こった。海面は上昇し、地表を覆い、やかて陸地は消えて世界はついに海の底に沈んでしまう。それから数世紀。かつて地球と呼ばれたこの惑星にはわずかな人間だけが残されていた。文明と共に漂流を余儀なくされた彼らは海中から引き上げられた既に消滅した世界の残骸から、巨大な人工の浮遊都市を築いていた……。(allcinema ONLINE)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle ユニバーサル映画の代表作 USJのアトラクションとしても採用されている

 

icon-check-circle ハワイ沖に巨大なセットが作られ、1億7500万ドルという莫大な予算がかかったが、興行的には失敗に終わった

 

icon-check-circle アカデミー賞で音響賞を受賞するも、ゴールデンラズベリー賞で多数ノミネートされた

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

準備中です。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。