『終戦のエンペラー』 

チラシ

あらすじ

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。 (シネマトゥデイ)

予告編/トレーラー

レビュー

マッカーサーによる戦後処理を中立的に描く。
いや正確には、史実に基づいているんだろうパートが少なすぎるので、どっちつかずと言った方が良いかもしれません。

アメリカ軍人と日本人教師という、ありがちな恋愛模様が間に挟まれ、主人公は国の一大事に私情を入れ込むダメ准将。
一体何がしたいのか分からない作品です。

映像的にも個性がなく、日米合作戦争モノとしてはあまりにも小粒な印象です。

Filmmaker’s Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方- 

& Premium特別編集 映画が教えてくれること。 

映世界シネマ大事典

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。