『古都』 

チラシ

あらすじ

京都、室町。家業の呉服店を継いでおよそ20年にわたって切り盛りするも、職人の相次ぐ廃業などに時代の変化を感じる佐田千重子(松雪泰子)。彼女は、そうした状況下で大学生の娘・舞(橋本愛)に店を継がせてよいものかと思い悩む。一方、千重子と生き別れた双子の妹で林業を営む中田苗子(松雪泰子)も経営難に苦しんでいた。さらにパリで美術を学ぶ娘・結衣(成海璃子)が自分には才能がないと感じ落ち込んでいるのを知り、苗子はパリへ飛ぶ。また、舞も日本文化を紹介するイベントに参加しようとパリに向かっていた。(シネマトゥデイ)

予告編/トレーラー

レビュー

川端康成『古都』のその後を描く後日譚。
二組の母と娘をもう少し平等に扱って欲しかったなぁ。

まず、松雪泰子の一人二役がアンバランス。こちらを立てすぎてあちらが立たぬ残念な出来栄え。着物が似合い過ぎて・・・
娘二人も設定が極端すぎて、どうしても呉服屋の方が主人公感。そのせいで、ラストシーンもなにか通じ合うモノが感じられません。

京都とパリ。この二つの『古都』を映像的に楽しめたので、そこそこ満足感はありました。

決定盤 「不滅の映画音楽」ベスト

ムービー・スター 2019年

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ(1954)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。