『クライマーズ・ハイ』 

チラシ

あらすじ

1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。 (シネマトゥデイ)

予告編/トレーラー

レビュー

新旧問わず、記者を主人公にした作品は面白い。

激動の時代の地方新聞社にて、バチバチと魂を削ってニュースを追いかける男たち。
仕事にここまで打ち込めるなんて・・・と思わず感心してしまいました。

墜落からの怒涛の一週間で、社内の誰もが『クライマーズ・ハイ』になる中、スクープ目前でひとり冷静さを保った悠木。誰よりも事故について真摯に向き合ったからこそ下せた選択に、心を打たれます。
都度挿入される登山シーンも効果的。

役者陣は地味だけど充実したラインナップです。

決定盤 「不滅の映画音楽」ベスト

ムービー・スター 2019年

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ(1954)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。