『K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝』 

チラシ

あらすじ

極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。(シネマトゥデイ)

予告編/トレーラー

レビュー

第二次世界大戦が回避された1949年。スチームパンク的な世界観が持ち味の“帝都”系作品です。
邦画でパラレルワールドはボロクソに言われる可能性大ですが、割と好きなジャンル。

日本ではあまり作品に恵まれない金城武が主演。流石のアクションをみせています。大事な所で決められないキャラクターが似合いますよね。

乱歩が生んだダークヒーロー、怪人二十面相を大胆改変。思い切ったことするなぁと思ったら原作あったんですね。

決定盤 「不滅の映画音楽」ベスト

ムービー・スター 2019年

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ(1954)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。