『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てくるアインシュタインの犬種は実はよく分かっていない?

往年の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズをおさらい

第1作が1985年に製作され、30年以上が経っているにもかかわらず、SF映画界では絶大な人気を誇る『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ。監督を『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのロバート・ゼメキス、製作総指揮を巨匠スティーヴン・スピルバーグが務めています。タイムトラベルものとして非常によくできていて、見るたびに新しい発見があるので、長年のファンが大勢いるのではないでしょうか。

シリーズは3部作となっており、過去・未来が交錯する物語となっていますので、一応以下の通り、あらすじをおさらいしておきます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)

1985年。友人の科学者ドク(クリストファー・ロイド)と知り合った高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)は、彼が愛車デロリアンをベースに開発したタイムマシンを見せられる。試運転を始めようとしたところに、ドクに恨みを持つテロ集団が襲い掛かる。銃弾を浴びて倒れる彼を見たマーティはデロリアンで逃げ出し、そのまま1955年にタイムスリップ。デロリアンの燃料切れで1985年に戻れなくなったマーティはその時代に生きるドクに助けを求めて帰ろうとするが、まだ高校生である母親にほれられてしまう。

シネマトゥデイ 

バック・トゥ・ザ・フューチャー (吹替版)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2(1989)

1955年から、自分のいた時代である1985年へ無事に戻ることができたマーティ(マイケル・J・フォックス)。だが、そこへドクが現れてマーティと恋人ジェニファーをタイムマシンのデロリアンに乗せると、有無を言わせず2015年へと連れていく。その目的は、後に夫婦となるマーティとジェニファーがもうけた息子が起こすことになる事件を未然に防ぐことだった。何とか息子を守ることができ、1985年に帰還したマーティたち。しかし、2015年のある出来事が作用して元の1985年とは全く違った世界に変貌していた。

シネマトゥデイ 

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (吹替版)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990)

スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが贈るSFアドベンチャーシリーズ第3弾。落雷で1885年にタイムスリップしてしまったドクを追い、マーティは西部開拓時代へ向かう。

「キネマ旬報社」データベース

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (吹替版)

3部作を俯瞰してみてみると、意外と複雑な構成になっていることがわかります。それでも、子供から大人まで楽しめるエンタメ作品に仕上がっているのは驚き。無駄なシーンをそぎ落としてなるべくシンプルに作られています。いつまでも色褪せない不朽の名作たる所以ですね。

今回注目したいのは犬のアインシュタイン(コペルニクスも)

本シリーズはとにかく細かいネタが多いので、映画誌やwebマガジン等で取り上げられることがいまだに多い作品のひとつ。そこで、今回は、デロリアンでも時計台でもトランプ大統領でもなく、犬のアインシュタインについて注目してみました。

「アインシュタイン(Einstein)」はpart1から登場するドクの愛犬です。ドクは世紀の大発明家を目指して日々研究していますから、きっと名前の由来は相対性理論で有名なアルバート・アインシュタインでしょう。

作中、デロリアンが完成した際に、まず真っ先に乗り込んでいるのが、実はアインシュタイン。ですので、初のタイムトラベラーは、ドクやマーティではなくアインシュタインということになりますね。

落ち着いた様子でタイムトラベルを終えるこのわんちゃんを演じたのは、タイガーという名前のミックス犬とされています。タイガーは撮影当時でもう高齢だったこともあり、part1のみの出演です。

また、タイムトラベル先である1955年にはコペルニクスという新たな犬が登場します。アインシュタインの親族という説明はありませんでしたが、子犬であることも考慮すると親もしくはおじいちゃんでしょうか。名前の由来は、地動説を唱えたニコラウス・コペルニクスですね。

このわんちゃんを演じたのはフレディという、こちらもミックス犬。フレディは、シリーズ前作に登場しています。つまり、タイガーの跡を継いでアインシュタイン役もこなしているということですね。

つまり、アインシュタイン(コペルニクスも)の犬種は、正式な発表によれば、ミックス犬ということのみ明らかになっており、詳細については現在でも不明となっています。

本作と同じ犬を飼うとしたら・・・

むくむくとしたアインシュタインは、この作品のアイドル的なキャラクターなので、おなじ犬を飼ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか。しかし、前述したとおり、詳しい犬種はわかっていませんので、できるだけ似ている犬を調べてみました。

これについては、熱心なファンが依頼したのでしょうか?専門家により既に考察がされています。いわく、“カロリアン・シープドッグ” “ピカルディ・シープドッグ” “ブリアード” “ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ(ビアーデッド・コリーの基礎犬)” “ソフトコーテッド・ウィートン・テリア”といった犬種ではないかとのことです。

ひとつずつ、写真を確認してみましょう。

ピカルディ・シープドッグ

ブリアード

ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ

ソフトコーテッド・ウィートン・テリア

一番イメージが一致するのは、ピカルディ・シープドッグですかね。ミックス犬ということで、シープドッグ系の血が入っていることは間違いなさそうですが。

日本では、シェットランド・シープドッグが有名ですが、上記4種はあまりお目にかかることはありません。ちなみに、ピカルディ・シープドックはフランスのピカルディ地方が発祥とされ、ほかの地域にはめったにいない希少種です。日本で飼いたいと思ってもなかなか難しいでしょうね。

ちなみに、マイクロソフトの画像解析によると、アイリッシュ・テリアやノーフォーク・テリアの名前も挙がりました。たしかにテリア系も混じっているように見えます。

他にもこんな動物たちが登場するよ

part3では、1855年の西部開拓時代にタイムトラベルしますが、このときドクが手名付けていた馬たち。名前は「ガリレオ」、「アルキメデス」、「ニュートン」。それぞれ、誰もが知る偉大な科学者たちが名前の由来となっています。

サメ

part2で、2015年の未来に降り立ったマーティは、街角で巨大なサメの立体広告をみてびっくりするというシーンがあります。サメの下には『JAWS19』の文字が。こちらは、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット作『JAWS』シリーズのパロディですね。実際には、JAWSは4までで終了となっておりますが、最近ユニバーサル・ピクチャーズによる予告編(本公開予定なし)が製作されて話題になりました。サメの種類は、ホオジロザメ。

現代版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』?な作品が公開!

ライアン・レイノルズが主演・プロデューサーを務める映画『フリー・ガイ』。2021年8月から公開されていますが、現代版バック・トゥ・ザ・フューチャーとの呼び声が高くなっているのだとか。バック・トゥ・ザ・フューチャーとは縁もゆかりもなさそうに見える本作が、なぜそう呼ばれているの分かりませんが、現在公開中なので一度チェックしてみては?

銀行の窓口係ガイ(ライアン・レイノルズ)は、平凡で退屈な毎日だと感じる一方で、連日強盗に襲われていた。疑問を抱いた彼は、襲ってきた銀行強盗に反撃を試みると撃退でき、さらに強盗から奪った眼鏡を掛けると、街の至るところにこれまで見たことのなかったアイテムやミッション、謎めいた数値があった。やがてガイは、自分がいる世界はビデオゲームの中で自身がモブキャラであることを知り、愛する女性と街の平和を守ろうと正義のヒーローを目指す。

シネマトゥデイ 

バック・トゥ・ザ・フューチャーイッキ見ならこのBlu-rayボックスがおすすめ。人気のある日曜洋画劇場版の吹き替えが収録。三ツ矢雄二/山寺宏一の2通りのマーティが楽しめます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。