『42〜世界を変えた男〜』 ただ一人、大リーグ全球団の永久欠番になった男。 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『42〜世界を変えた男〜』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2013年/アメリカ

 

【監督】

  • ブライアン・ヘルゲランド

【出演】

  • チャドウィック・ボーズマン
  • ハリソン・フォード
  • ニコール・ベハーリー
  • クリストファー・メローニ
  • アンドレ・ホランド
  • ルーカス・ブラック
  • ハミッシュ・リンクレイター
  • ライアン・メリマン

 

 

あらすじ

 

 

1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約、彼をメジャーリーグ史上初の黒人メジャーリーガーとして迎える。だが、白人以外には門戸を開かなかったメジャーリーグにとって彼の存在は異端なものでしかなく、チームの選手たちはもちろん、マスコミや民衆からも糾弾される。そんな状況ながらも、背番号42を誇るようにプレーするジャッキーの姿は次第に人々の気持ちを変えていく。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 4月15日、大リーグでは全球団の選手が背番号「42」をつける その裏側には鳥肌の立つような奇跡の物語があった

 

icon-check-circle 野球だけではなく、すべてのアメリカスポーツへ影響を与えた ジャッキー・ロビンソンの存在無くして黒人やアジア人選手の進出はなかった

 

icon-check-circle アメリカ・カナダで野球映画史上最大のオープニングヒットを記録

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

まず、スポーツ映画としては、成り上がり、スターとなるまでの道のりが描かれる。挫折もほとんどなくトントン拍子に駆け上がっていく。
その過程でチームメイトや観客から認められていき、黒人への差別も同時に弱まっていく。つまり、一石二鳥な映画です。

 

実際はもっと厳しい差別を受けただろうし、彼に優しくする白人も少なかっただろう。ハリソン・フォード演じるおじいちゃん会長は甘々で、チームメイトも物分かりが良すぎる。

 

クラシックな雰囲気も徹底されていて良かったんだけど、全体としてふんわりマイルドになってしまったような・・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。