『アメリカン・ビューティー』 この映画は、仕事について— 家族について— 隣人について、語ります

 

 

『アメリカン・ビューティー』

 

 

表面

 

 

1999年/アメリカ

 

【監督】

  • サム・メンデス

【出演】

  • ケヴィン・スペイシー
  • アネット・ベニング
  • ソーラ・バーチ
  • ウェス・ベントリー
  • ミーナ・スヴァーリ
  • ピーター・ギャラガー
  • クリス・クーパー
  • アリソン・ジャネイ
  • スコット・バクラ
  • サム・ロバーズ

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

郊外住宅地で妻と高校生になる娘と平和に暮らすレスター。ところがある日、勤めていた広告代理店からリストラ宣告を受けてしまう。これをきっかけに、一見幸せに思えた彼の日常の歯車が少しずつ狂い始め…。(allcinema ONLINE)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 第72回アカデミー賞で作品賞ほか全5部門を受賞! ゴールデン・グローブ賞主要三部門も受賞!

 

icon-check-circle 数々の舞台を手掛けてきたサム・メンデスによる長編映画デビュー作にして最高傑作

 

icon-check-circle アメリカ一般家庭に隠された不信感や孤独をシニカルにあぶりだす

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

自由。個性を主張していこうってご時世に、ストップをかけるような天邪鬼な映画。

 

この作品がアカデミー賞に選ばれったってことは、その自覚があったんじゃない??

 

登場人物誰もが普通の人だけど、歯車が1つ狂えば、どこまでも狂う。誰しもがこの作品の登場人物になり得る恐ろしさ。

 

ケヴィン・スペイシーの怪演も光る。その他のキャストもみんな情緒不安で良い。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。