『青い春』 新世代の不良たち、それぞれの「青い春」【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『青い春』

 

 

表面

 

 

2001年/日本

 

【監督】

  • 豊田利晃

【出演】

  • 松田龍平
  • 新井浩文
  • 高岡蒼佑
  • 大柴裕介
  • 山崎裕太
  • 忍成修吾
  • 塚本高史
  • 瑛太
  • 鬼丸
  • 渋川清彦
  • マメ山田

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

男子校・朝日高等学校。その日、屋上にはいつものように不良グループが集まっていた。新3年生の彼らはそこで、柵の外に立ち手をたたく回数を競う通称“ベランダ・ゲーム”をしていた。柵の外側はつま先がやっと引っかかる程度の幅しかなく、柵に掴まらずには数秒と立っていられない。落ちれば地面にまっさかさま。それは、勝ったものが学校を仕切ると決められた伝統の根性だめし。勝利したのは8回の新記録を出した物静かな男・九條だった。しかし、九條にとっては学校を仕切ることなどどうでもいいことだった……。(Firmarks)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 松本大洋の短編集『青い春』を原作にエッジの利いた青春映画に仕上がっている

 

icon-check-circle 挿入歌にはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの曲を多用

 

icon-check-circle 屋上の柵から落ちないように手を叩いた回数を競う「ベランダゲーム」

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

準備中です。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。