『バーフバリ 王の凱旋』 王を称えよ!

 

 

 

『バーフバリ 王の凱旋』

 

 

表面

IMG_20180930_0005のサムネイル

 

2017年 インド

監督:S・S・ラージャマウリ

出演:プラバース ラーナー・ダッグバーティ アヌシュカ・シェッティ サティヤーラージ ラムヤ・クリシュナ タマンナー・バティア ナーサル

 

 

裏面

IMG_20180930_0006のサムネイル

 

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!(Firmarks)

 

 

予告編

 

前作に増したスケールになりそう。とんでもない映画ですね。

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

濃密な時間を過ごした・・・

 

お話的には、よくある王族のいざこざで、正直、原稿用紙半分もあれば、全て説明できるくらい。
それをここまで大仰に、退屈する暇も与えずに描ききるとは。インド映画恐るべし。

 

圧倒的なバーフバリの強さとカリスマ性にもう虜です。マヒシュマティ王国に移住して、「バーフバリ!」って思いっきり叫びたい。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

[blogcard url=”http://gottani-lifehack.com/baahubali-the-beginning”]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。