『はじまりへの旅』 普通ってなんですか?【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『はじまりへの旅』

 

 

表面

 

裏面

 

 

2016年/アメリカ

 

【監督】

  • マット・ロス

【出演】

  • ヴィゴ・モーテンセン
  • ミッシー・パイル
  • キャスリン・ハーン
  • スティーヴ・ザーン
  • ジョージ・マッケイ
  • フランク・ランジェラ
  • アナリス・バッソ

 

 

 

表面

 

裏面

 

 

あらすじ

アメリカ北西部の森の奥深くで、6人の子供と暮らしているベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)。子供たちは社会と接点を持っていないが、厳格なベンが課す特訓と熱心な教育によって全員がスポーツ選手並みの体力を誇り、6か国語を自在に話し、長男に至ってはあらゆる名門大学に合格していた。そんな中、入院していた子供たちの母レスリーが他界し、一家は葬儀が行われるニューメキシコへ向けて旅に出ることに。およそ2,400キロメートルもの長い道のりを行く彼らだが、世間知らずゆえに先々で騒動を起こしてしまう。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門での監督賞受賞!

 

icon-check-circle 監督は『フェイス/オフ』などで俳優としても活躍するマット・ロス

 

icon-check-circle 全米ではわずか4館からはじまり600館にまで拡大したロングラン作品

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

俗世間から離れ、知恵に体力、生きる能力を叩き込まれる子どもたち。なかなかのスパルタですが、父親の愛とユーモアのある教育で、すくすく過ぎるほど育っています。

 

ところが、母親の死によって、自体は急転。徐々に突きつけられる現実と、周りの目が痛い痛い。
へんてこ家族ムービーだと思っていたら、そんなことはなく、これは人生と言う名の、山あり谷ありのロードムービー。

 

何かに行き詰まった時に観たい映画ですね。違った切り口、第3の道が拓けるようなヒントを貰えそう。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。