『ココ・アヴァン・シャネル』 もし翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい

 

 

『ココ・アヴァン・シャネル』

 

 

表面

 

裏面

 

 

2009年/フランス

 

【監督】

  • アンヌ・フォンテーヌ

【出演】

  • オドレイ・トトゥ
  • ブノワ・ポールヴールド
  • アレッサンドロ・ニヴォラ
  • マリー・ジラン
  • エマニュエル・ドゥヴォス
  • レジス・ロワイエ
  • エティエンヌ・バルトロミュー
  • ヤン・デュファス
  • ファビアン・ベア
  • レシュ・レボヴィッチ
  • ジャン=イヴ・シャトゥレ
  • リサ・コーエン

 

 

 

表面

 

裏面

 

 

あらすじ

孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブノワ・ポールヴールド)の愛人となり、退屈な暮らしを送ることに……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle シャネルの創始者ココ・アヴァン・シャネルの半生を描く伝記映画

 

icon-check-circle ココ・アヴァン・シャネルを演じるのは『アメリ』、『スパニッシュ・アパートメント』などのオドレイ・トトゥ

 

icon-check-circle 田舎のナイトクラブから世界的なデザイナーに シャネルに隠された歴史と秘密が明らかになる

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

貧しい生い立ち。キャバレーで歌い(吹替で見ると、とても馬鹿っぽいのでオススメ)、日銭を稼ぐ日々。
まさか、CHANELの創始者に親近感わくとは思わなかったなぁ。

 

ファッションブランド創始者の伝記映画はいくつか観たけれど、とにかく上流階級出身が多い。しかも、とりまき連中はスノッブときている。
その点CHANELは、機能的でオシャレな服を追求して、ブランドを確固たるものにしたのだから、今までのイメージがガラリと変わった。

 

もう少しブランド立ち上げのくだりを詳しく見たかったが、ココ・アヴァン・シャネルという、1人の女性の物語として観るのが正しい鑑賞法だろうね。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

[blogcard url=”http://gottani-lifehack.com/ivusanro-ran”]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。