『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 それは一度聴いたらクセになる“しあわせ” 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2016年/アメリカ

 

【監督】

  • スティーヴン・フリアーズ

【出演】

  • メリル・ストリープ
  • ヒュー・グラント
  • サイモン・ヘルバーグ
  • レベッカ・ファーガソン
  • ニナ・アリアンダ
  • ネーヴェ・ガチェブ
  • クリスチャン・マッケイ

 

 

あらすじ

 

 

ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 1944年にカーネギーホールで開催された伝説の珍公演を映画化

 

icon-check-circle 主演はアカデミー賞19度ノミネート、3度受賞のメリル・ストリープ

 

icon-check-circle ヘレン・ミレン、ジュディ・デンチなどの大女優を輝かせてきたスティーブン・フリアーズが監督を務める

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

これぞ、ウソのようなホントのはなし。
あらゆる手を使って夢を見せ続ける夫。ついにその夢が現実になるとき、思わず感動が・・・

 

見事なオトボケ演技を見せたメリル・ストリープの巧さ。オンチな歌もなんだか味がある。得意げに音楽を語っているのに、かっこがつかない面白さ。スゴイ。
愛くるしさもあって、夫の気持ち分かるなぁ。

 

不憫のくだりはいる?レコードを取り上げに席を立つシーンのためくらい?
まぁ、実話だからしょうがない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。