『アイアムアヒーロー』 ようこそ。絶叫のZQNパニックへ。

 

 

 

『アイアムアヒーロー』

 

 

表面

 

 

2015年 日本

監督:佐藤信介

出演:大泉洋 有村架純 長澤まさみ 片瀬那 吉沢悠 岡田義徳 徳井優 マキタスポーツ 片桐仁 風間トオル 塚地武雅

 

 

裏面

 

 

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?(Firmarks)

 

 

予告編

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

意外にも設定負けしてない。

 

洋画と違って銃は貴重だから緊張感あるね。人を殺すときのためらいやまごつきも日本ならでは。

そもそもハリウッドなら、オタクのおじさんを主役に据えて、メジャー作品に仕上げようとも思わないだろう。

 

結果として、『新感染 ファイナル・エクスプレス』みたく、一味変わったゾンビ映画が誕生しました。

 

 

こちらもオススメ!

 

[blogcard url=”http://gottani-lifehack.com/train-to-busan”]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。