『JSA』 ほんとうに戦争が始まったら、俺たち4人も撃ち合いをしなければならないのか・・・

 

 

『JSA』

 

 

表面IMG_20180930_0004aのサムネイル

 

2000年 韓国

監督:パク・チャヌク

出演:ソン・ガンホ イ・ビョンホン イ・ヨンエ キム・テウ シン・ハギュン

 

 

裏面IMG_20180930_0004のサムネイル

 

あらすじ

1999年10月28日午前2時16分、共同警備区域の北朝鮮側詰所で、朝鮮人民軍の将校と兵士が韓国軍兵士により射殺される事件が発生。現場に居合わせた目撃者の韓国軍兵士と朝鮮人民軍下士官は「拉致されて脱出した」、「突如攻撃してきた」と、正反対の供述を行なう。

中立国監視委員会は事件の真相を解明すべく、韓・朝両国の同意を得て、スイス軍法務科将校の韓国系スイス人、ソフィー・チャン少佐に調査を依頼。ソフィーは関係者と接触を繰り返しながら事件の真相に迫る。

(Wikipedia)

 

 

JSAとは?

 

今作のタイトルになっているJSAとは何の略なのか?

共同警備区域(きょうどうけいびくいき、英語:Joint Security Area JSA)は、大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍事境界線上にある、約800m四方の地域を指す。

(Wikipedia)

かつてはその名の通り、南北の兵士が共同で警備する区域でした。しかし、1976年のポプラ事件以降は、区域内でも境界線が引かれ、それぞれの兵士が分断されています。

 (OLYMPUS DIGITAL CAMERA)

 

最近また話題となっている板門店の中で、まさに境界線のある区域のことですね。ベルリンの壁、ベンハイ川などの冷戦の象徴がなくなった今、世界で最も緊張感のあるDMZ(中立地帯)ではないでしょうか。

 

デリケートな題材だけに、どう描かれるのか注目が集まります。しかも、この作品は韓国製作。当事者の一方のみによって製作されるということですからね・・・

 

 

『シュリ』との比較

 

韓国で社会現象を巻き起こした『シュリ』

今作よりも前に、JSAについて描いた有名作に1999年の韓国映画『シュリ』があります。

韓国に潜入した北朝鮮工作員と、韓国諜報部員との悲恋を描く。男と女の悲恋を美しく描く演出と、北朝鮮工作員と韓国諜報部員との壮絶なアクションシーンが高く評価された。

(Wikipedia)

 

当時、韓国映画史上最高額の製作費が投じられ、観客動員数1位を記録した大ヒット作です。

『JSA』はこの作品の公開からまもなく製作され、『シュリ』の製作費・観客動員数を上回る記録を打ち立てました。

 

内容としては、『シュリ』は南北間での禁じられた恋を描いているのに対し、『JSA』は南北間の友情を描いています。どちらにしても、国家をこえた個人の関係性で物語が描かれています。

 

 

パク・チャヌク×ソン・ガンホ

 

このデリケートな題材を映画化したのは、世界的に活躍する韓国人監督パク・チャヌク

(Photo by Masha Kuvshinova)

『JSA』以降、『オールド・ボーイ』でカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを獲得。同作を含めた復讐三部作で知られています。

暴力と性で語られることが多い現代韓国映画で、ポン・ジュノイ・チャンドンと並ぶ代表的な監督です。最近では、ハリウッド資本で製作もしています。

 

そして、主演はいまや韓国映画に欠かせない俳優ソン・ガンホ

(Photo by wasabcon)

大鐘賞の男優主演賞を3度受賞、青龍映画賞の主演男優賞を3度受賞している実力派です。

 

実は、先ほど紹介した『シュリ』で知られるようになった俳優です。その他の出演作に、『殺人の追憶』、『グエムル -漢江の怪物-』、『スノーピアサー』など。

 

現代韓国映画を何本か見ている人であれば、もうお馴染みの俳優さんですね。

 

 

予告編

 

 

物々しい雰囲気。南北の兵士が肩を組んでいる写真が、どこか寂しげですね。

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

そりゃそうだ。個人間の友情にまでボーダーラインが引けるわけがない。そんなに人間って簡単に出来ていないよね。

 

この映画、韓国で大ヒットしたらしい。世論を反映していたとしたら、この映画は歴史の教科書に載るような大作品かもしれない。文化・演芸の分野から世界を動かすことになるんだから。
北の皆さんだって、きっと同じことを思うはずだから、武力行使や支援者集めよりも、ずっと効果的な革命行為

 

社会的意味合いの強い作品なのに、そこをウリにしていないのも好感。まずは、エンターテイメントとして文句なく面白い。だからこそ、すんなりと社会派メッセージも受け入れられる。

 

パク・チャヌク、ソン・ガンホ、優秀な映画人がいて嫉妬するね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。