『今度は愛妻家』 ”今度”なんてない事に僕は気付かなかった。【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『今度は愛妻家』

 

 

表面

 

裏面

 

 

2009年/日本

 

【監督】

  • 行定勲

【出演】

  • 豊川悦司
  • 薬師丸ひろ子
  • 水川あさみ
  • 濱田岳
  • 城田優
  • 津田寛治
  • 奥貫薫
  • 井川遥
  • 石橋蓮司

 

 

 

表面

 

裏面

 

 

あらすじ

かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに微妙な変化が訪れる。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle タイトルに隠された真意 予想外の展開に号泣のラストが訪れる

 

icon-check-circle ダメ亭主と献身的な妻が織りなすハートフルな夫婦ドラマ

 

icon-check-circle 『世界の中心で、愛をさけぶ』や『クローズド・ノート』を手掛けた行定勲監督による感動作

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

探し物は何ですか♪
なくして初めて気がつく事ってあるよね。

 

プリン髪のトヨエツが、ハスキーで女泣かせな男を好演。妻役の薬師丸ひろ子は健気で一途。
行定勲はキャラクターに俳優のイメージを利用するのが上手いね。

 

物語自体は、ありがちなヒューマンドラマ。妻が死んで、夫がその有り難みを知る。
中盤でそれが明らかになる訳だけど、サプライズではなく、ジワジワと明かされる演出がニクい。急にシュンと見えるトヨエツが寂しさを誘い、それまでのピントがズレた夫婦像になるほど合点が行く。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。