『硫黄島からの手紙』 アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち—。 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『硫黄島からの手紙』

 

 

チラシ画像①

 

チラシ画像②

 

 

基本情報

 

2006年/アメリカ

 

【監督】

  • クリント・イーストウッド

【出演】

  • 渡辺謙
  • 二宮和也
  • 伊原剛志
  • 加瀬亮
  • 松崎悠希
  • 中村獅童
  • 裕木奈江
  • ルーク・エバール
  • マーク・モーゼス
  • ロクサーヌ・ハート
  • 尾崎英二郎

 

 

あらすじ

 

 

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷(二宮和也)ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 第二次世界大戦の中でも最も悲劇的な戦いといわれる「硫黄島の戦い」を映画化

 

icon-check-circle アメリカ側の視点から「硫黄島の戦い」を描いた『父親たちの星条旗』も製作されている

 

icon-check-circle 巨匠クリント・イーストウッドが日本人キャストと共に描く戦争映画

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

準備中です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。