『リトル・チルドレン』 今の自分を愛せたら、未来はきっと変えられる 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『リトル・チルドレン』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2006年/アメリカ

 

【監督】

  • トッド・フィールド

【出演】

  • ケイト・ウィンスレット
  • パトリック・ウィルソン
  • ジェニファー・コネリー
  • ジャッキー・アール・ヘイリー
  • ノア・エメリッヒ
  • グレッグ・エデルマン
  • フィリス・サマーヴィル
  • ジェーン・アダムス
  • セイディー・ゴールドスタイン
  • タイ・シンプキンス
  • レイモンド・J・バリー
  • メアリー・B・マッキャン
  • トリニ・アルヴァラード
  • サラ・バクストン
  • トム・ペロッタ
  • ヘレン・ケアリー
  • マーシャ・ディートライン

 

 

あらすじ

 

 

郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うようになり……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle タイトル『リトル・チルドレン』は「大人になれない大人たち」を意味する

 

icon-check-circle 主婦の心を繊細に演じたケント・ウィンスレットはこの作品で5度目のアカデミー賞ノミネート

 

icon-check-circle アメリカ文学界の雄、トム・ペロッタのベストセラー小説を作者自身が脚色 アカデミー賞脚色賞ノミネート

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

一歩間違えれば、いつくつもの悲劇が重なっていた。さぁ、運命の分かれ道でどう踏みとどまれる?

 

危うい状況で想像できる最悪の結末を、永遠引き伸ばされるいじわるな映画です。心がざわついたまま、安心を得ることも出来ないラストシーン。確かに最悪は免れた。しかし、あくまで迂回ルート。

 

気持ちの悪いほどリアリティのある作品だった。
特筆すべきシーンや演出はないんですけどね・・・良作です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。