『パトリオット・デイ』 最大の危機は、最大の奇跡を生む— 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『パトリオット・デイ』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2016年/アメリカ

 

【監督】

  • ピーター・バーグ

【出演】

  • マーク・ウォールバーグ
  • ジョン・グッドマン
  • ミシェル・モナハン
  • J・K・シモンズ
  • ケヴィン・ベーコン
  • エリカ・マクダーモット
  • ヴィンセント・カラトーラ
  • ジェームズ・コルビー
  • メリッサ・ブノワ

 

 

あらすじ

 

 

2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 2013年のボストンマラソン爆撃事件を題材にしたサスペンス映画

 

icon-check-circle 「パトリオット・デイ」とは愛国者の日のことで、毎年4月の第3月曜日とされている これはボストンマラソンが開催される日である

 

icon-check-circle ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの黄金コンビによる作品

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

たった2人でもテロは起こせる。遠い外国の事件でも、もっとリアルに感じ取るべき。
映画にするのは、良かれ悪かれ関心には繋がるよね。

 

爆発してからの緊迫感は、さすがピーター・バーグ監督でした。特に市街地での銃撃戦は迫力あったなぁ。

 

何でもかんでも“奇跡”や“愛”に繋げるキャッチコピーは食傷気味だけど、こればかりは納得せざるを得ない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。