『これが私の人生設計』 ポジティブだけじゃ、ダメかしら?【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『これが私の人生設計』

 

 

表面

 

 

2014年/イタリア

 

【監督】

  • リッカルド・ミラーニ

【出演】

  • パオラ・コルテレージ
  • ラウル・ボヴァ
  • マルコ・ボッチ
  • コラード・フォーチューナ
  • チェーザレ・ボッチ
  • ステファニカ・ロッカ

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

建築家として世界中で仕事をしてきたセレーナ(パオラ・コルテレージ)は、新たなステップを求めて故郷のローマへ戻る。しかし、保守的な男性社会のイタリア建築業界における女性の就労状況は厳しく、希望の職を探し回っているうちに経済状態が悪化。そんな折、公営住宅のリフォーム案が公募されることを知った彼女は、男性と偽って応募し……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 男性社会で奮闘する明るいヒロイン 自分らしく生きるヒントとは?

 

icon-check-circle アラサー女子必見! 恋に仕事に頑張るキラキラ女子

 

icon-check-circle 日本初公開時のタイトルは『生きていてすみません!』 イタリア映画祭2015で上映された

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

イタリア映画は変態映画ってイメージしかなかったけど、フフッと笑える軽やかコメディーも作れるんだね。やっぱりゲイは登場するけど。

 

男尊女卑社会に立ち向かう女性。流行りのテーマだけど、コメディーテイストで見やすく、最後はスカッと爽快。
主人公も完璧ではなく、流されやすい性格や、感情的になってしまう部分があって、とっても親しみやすい。

 

あの日本の風景はギャグなのか、それとも本気なのか。半世紀前から日本のイメージ変わってないの??

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。