『スノーデン』 米国最大の機密を暴いた男 彼は、英雄か。犯罪者か―。 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『スノーデン』

 

 

チラシ画像①

 

 

基本情報

 

2016年/アメリカ

 

【監督】

  • オリヴァー・ストーン

【出演】

  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット
  • シャイリーン・ウッドリー
  • スコット・イーストウッド
  • ザカリー・クイント
  • トム・ウィルキンソン
  • ベン・シュネッツァー
  • メリッサ・レオ
  • ニコラス・ケイジ
  • リス・エヴァンス

 

 

あらすじ

 

 

2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 政府による個人情報監視の事実を暴露し、全世界を震撼させた「スノーデン事件」を、伝記映画に実績があるオリヴァー・ストーン監督が映画化

 

icon-check-circle 原作は『スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実』および『Time of the Octopus』

 

icon-check-circle 関連映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』にも注目

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます)

 

マトモなほうのオリヴァー・ストーン作品。今回取り上げるのは、アメリカの秘密を暴いた男エドワード・スノーデン。

 

今でも昔でも実話でもフィクションでも、強大な権力に逆らうのはいつも純粋なバカだ。アメリカのためを想っていたはずの男が反旗を翻す。ただただ正義を求めて・・・

 

でも、テロを防ぐにはあのシステムは合理的な気がする。だからこそ、続いてきたものだし、みんな悪いことは分かっていたはず。
実話だから仕方ないけど、その辺りのせめぎ合いが薄っすらしていて、なんだかスノーデンが幼稚に見えてしまうんだよなぁ。ジョゴビットのしたり顔も悪因。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。