何のため?映画館でチラシを大量に持ち帰る行為はやめて欲しい

 

 

今回の記事は、映画館での迷惑行為について取り上げます。

 

 

映画館に置いてある映画のチラシ

 

映画館には、公開中もしくは公開予定のチラシが置いてありますよね。

入口付近にチラシコーナーが設けられていることが多い

大抵このようなフライヤーで置かれ、誰でも自由に持っていくことができます。

 

映画のチラシは、B5サイズにぎっしりと情報が詰まっているので、家に帰ってからゆっくり見ようと持ち帰る人も多いと思います。私自身も映画館に行くたび、気になる作品のチラシを何種類か持って帰り、それをコレクションしています。

 

 

チラシをごっそり持っていく人がいる

 

自分で楽しむ分には、一向に問題ありませんが、中にはタダで貰えるからといって、大量に持っていってしまう人もいます。2〜3枚なら、保存用かな?とまだ納得がいきますが、何十枚となると、これは他の人にとって迷惑となってしまいます。

映画のチラシは数に限りがあり、公開前に無くなってしまう作品も少なくありません。このような事態を防ぐためか、最近は「お一人様○枚まで」と注意書きしている映画館もありますよね。

 

 

転売目的か? 儲かる?

 

ヤフーオークションで「映画 チラシ」と検索してみると、年代物の貴重なチラシに混じって、最新映画のチラシセットなんて商品が出品されています。

最新チラシセットとして多数販売されている(出典:ヤフオク)

相場は1枚1円ほど。最新チラシ〇種類セットとしている商品がほとんどでした。そして同じ出品者によって、同一のセットがいくつも出品されています。つまり、大量にチラシを持ち帰り、それをご丁寧に仕分けして、最新映画チラシセットとして販売しているのでは?

 

1枚1円で販売して、果たして労力に見合うか考えると疑問に感じますが、実際にこのような行為に及ぶ出品者が存在するのは事実です。写真をとって梱包して発送という、面倒な手間をかけてまで転売するなら、アルバイトでもした方がよっぽど楽に稼げると思いますが・・・

 

 

人気俳優が出演している映画・ミニシアター系映画は単価が高い

 

人気アイドルが出演する映画のチラシは、1枚100円以上で取引されているものもあります。先ほどのチラシセットと比べると、一気に単価が跳ね上がっています。特にジャニーズやAKBグループ、最近は三代目J Soul Brothersなどが所属するLDHグループが出演する作品が人気です。

人気女優の有村架純が出演する映画のチラシ(出典:ヤフオク)

映画のチラシというよりは、グッズとして購入するファンがいるのでしょうね。ポスターやブロマイドに比べれば、確かに格安感があります。

このような出品者は、他にもアイドルや声優の出演する映画チラシを専門に出品しているようです。商品名に映画のタイトルではなく、出演者の名前を入れて出品していますから、明らかに確信犯ですね。

 

上映館数の少ない映画のチラシ(=ミニシアター系)も、比較的高値で取引されています。配布数が少ないため、希少価値が高いのでしょう。

配布数の少ないチラシを集めたセット(出典:ヤフオク)

 

 

オークションでチラシを買うのはマナー違反になる?

 

転売する側は完全にアウト。では、購入する側はどうでしょうか?

地方在住の映画チラシコレクターや、都合がつかず映画館に行けなかったファンで、どうしてもその映画のチラシを手に入れたい気持ちは、すごく分かります。ただ、上で紹介したようなチラシセットを購入することは、大量にチラシを持ち帰るようなマナー違反に加担してしまうことになります。

買う人がいなければ、転売する人もいなくなり、結果的に多くの人に映画チラシが行き渡るようになります。

 

転売商品にNO!を突きつけて、映画館でのマナー違反をなくしましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。