『ストレイヤーズ・クロニクル』 僕らは、こんな”能力”望んじゃいなかった。【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『ストレイヤーズ・クロニクル』

 

 

表面

 

裏面

 

 

2015年/日本

 

【監督】

  • 瀬々敬久(鈴木俊久)

【出演】

  • 岡田将生
  • 染谷将太
  • 成海璃子
  • 清水尋也
  • 栁俊太郎
  • 鈴木伸之
  • 伊原剛志
  • 石橋蓮司
  • 豊原功補
  • 松岡茉優
  • 白石隼也
  • 高月彩良
  • 黒島結菜
  • 青木崇高
  • 渡辺大
  • 忍成修吾
  • 団時朗
  • 日向丈
  • 布施紀行
  • 本郷奏多

 

 

 

表面

 

中面1

 

中面2

 

裏面

 

 

あらすじ

1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴(岡田将生)とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学(染谷将太)が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 原作はベストセラーにもなった本多孝好による同名小説

 

icon-check-circle 極秘実験により恐るべき超能力を得た子供たちの活躍と苦悩を描く

 

icon-check-circle 若手実力派が集結! 体を張ったアクションにも注目

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

超人的な能力を持っていても、結局はマイノリティ。恐れられ、疎まれ、虐げられる。
能力者あるあるだね。ちょっと寂しさ漂う雰囲気も好き。

 

映像的には楽しい。ムリも無いし、戦隊モノと同じようなロケーションだからか、あまり違和感も感じない。
高速移動する2人は爽快感あるし、未来を予測するのも、THE・超能力って感じで良い。
洋画と比べて残念なのは、スケールくらい。基本的にタイマンだから。流石に大型トラック転がしたり、高層ビル破壊とまではいかなくても、もっと派手にやってほしかったなぁ。

 

若手俳優中心の作品。実力派と言われる方がちらほら。だからこそ、浮いてる演技の人が目立ってしまって可哀想でした。

 

あとその曲なんだ?? ミスマッチにも程がある。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。