『アジャストメント』 操作された《運命》に、逆らえ。

 

 

『アジャストメント』

 

 

表面

 

 

2011年/アメリカ

 

【監督】

  • ジョージ・ノルフィ

【出演】

  • マット・デイモン
  • エミリー・ブラント
  • アンソニー・マッキー
  • ジョン・スラッテリー
  • マイケル・ケリー
  • テレンス・スタンプ
  • ローレンス・レリッツ
  • スティーヴ・ソーレソン
  • フローレンス・カストリナー
  • フィリス・マクブライド
  • ナタリー・カーター
  • チャック・スカーボロー
  • ジョン・スチュワート
  • マイケル・ブルームバーグ
  • ジェームズ・カーヴィル

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)と恋に落ちる。しかし、突如現れた男たち、“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”によって拉致されてしまうデヴィッド。彼らの目的は、本来愛し合う予定ではなかったデヴィッドとエリースの運命を操作することだった。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 有名SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』をマット・デイモン主演で映画化

 

icon-check-circle 運命はあらかじめ決められていて第三者によって操作されている世界 主人公たちは運命を変えるため奔走する

 

icon-check-circle SFアクションでありながら運命に逆らうラブストーリーでもある

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

準備中です。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。