『ベルリンファイル』 敵は南か、北か、世界か— 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『ベルリンファイル』

 

 

表面

 

 

2013年/韓国

 

【監督】

  • リュ・スンワン

【出演】

  • ハ・ジョンウ
  • ハン・ソッキュ
  • リュ・スンボム
  • チョン・ジヒョン
  • イ・ギョンヨン

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

韓国国家情報院のすご腕エージェントであるジンス(ハン・ソッキュ)は、ベルリン市内で行われるアラブ系組織と北朝鮮諜報(ちょうほう)員ジョンソン(ハ・ジョンウ)の武器取引の情報をキャッチ。ジョンソンはホテルから脱出して難を逃れるものの、韓国側に情報が漏れていることに不安を抱く。さらに、北朝鮮大使館の通訳官を務める妻ジョンヒ(チョン・ジヒョン)の二重スパイ疑惑を知らされてがく然とする。韓国国家情報院の追撃を懸命にかわす中、ジョンソンは自分と妻、さらには宿敵ジンスまでもが巨大な陰謀に飲み込まれていることに気付く。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle 南北の諜報員に加え、ドイツ政府の思惑やCIAまでもが複雑に絡み合う

 

icon-check-circle 舞台はドイツ、ベルリン 大規模なヨーロッパロケを敢行し、スケールの大きい作品に仕上げている

 

icon-check-circle 主役は韓国映画界屈指の演技派、ハ・ジョンウが演じ、脇を固める俳優陣にも実力派が揃う

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

韓国発骨太サスペンス・アクション。
銃を突きつけ合うどこかで見たような構図。そう、あのタイプの韓国映画です。

 

複雑なストーリー、妥協一切なしのアクション、渋い役者陣。なかなかシビれる作品で期待を上回ってきました。
特に、ヒールを演じたリュ・スンボムのいやらしさといったら、魅力たっぷりです。

 

舞台はベルリンなのに、そのロケーションをほぼ活かさない。観光気分の邦画では考えられないストイックさで、レベルの違いを感じてしまうなぁ。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。