『アザーズ』 その”存在”が見えた時、全てが変わる。

 

 

『アザーズ』

 

 

表面

 

 

2001年/アメリカ・フランス・スペイン

 

【監督】

  • アレハンドロ・アメナーバル

【出演】

  • ニコール・キッドマン
  • フィオヌラ・フラナガン
  • クリストファー・エクルストン
  • エレイン・キャシディ
  • エリック・サイクス
  • アラキーナ・マン
  • ジェームズ・ベントレー
  • ルネ・アシャーソン
  • アレクサンダー・ヴィンス
  • キース・アレン

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。(allcinema ONLINE)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle ヒッチコックの再来と謳われるアレハンドロ・アメナーバル監督のハリウッド進出第1弾

 

icon-check-circle 暴力・流血・死体といったホラー映画にありがちな要素一切なし 張り詰める緊張感と不穏な空気で勝負

 

icon-check-circle 俳優だけでなく映画プロデュースにも定評があるトム・クルーズが主役をつとめるニコール・キッドマンとともに製作を買って出た

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

準備中です。

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。