『ちはやふる上の句』 強くなる 青春ぜんぶかけて

 

 

 

『ちはやふる 上の句』

 

 

表面

 

IMG_20180930_0001aのサムネイル

 

裏面

 

IMG_20180930_0002のサムネイル

 

2016年 日本

監督:小泉徳宏

出演:広瀬すず 野村周平 真剣佑 上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也 坂口涼太郎 松岡茉優 松田美由紀 國村隼

 

 

表面

IMG_20180930_0003aのサムネイル

 

中面1

IMG_20180930_0003のサムネイル

 

中面2

IMG_20180930_0004のサムネイル

 

裏面

IMG_20180930_0005のサムネイル

 

あらすじ

同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。(シネマトゥデイ)

 

 

題材は「競技かるた」

 

競技かるたはれっきとしたスポーツで、「畳の上の格闘技」と形容されています。

社団法人全日本かるた協会によると、競技人口はおよそ100万人ということなので、結構いるんですね。最高峰の大会は近江神宮で行われることで有名です。

全国女流選手権大会の様子(Copyright© 1996-2018 Fukui Shimbun. All Rights Reserved.)

 

まだ漫画の題材になっていないスポーツが残されていたんだなぁと思っていたら、『ちはやふる』よりも前に競技かるたを題材にしていたマンガがありました。

タイトルはずばり『かるた』。2006年から約一年半ほど連載され、単行本2巻まで発売されています。

“神の反射神経を持つ男”軽部太一が、かるたの全国高校生大会に出場する((C)竹下けんじろう(週刊少年チャンピオン・秋田書店))

 

とにかく、今まであまり注目されていなかった競技かるたが、この映画によって一躍注目を浴びたことは間違いありません。

 

 

フレッシュな実力派が顔を揃える

 

主演には広瀬すず。青春スポ根を演じさせたら、今一番勢いのある女優ではないでしょうか? 彼女ほど汗と涙が似合う若手女優はいないと思います。

さらに、脇を固めるのは、野村周平真剣佑。二人ともイケメン俳優として有名ですが、実力も認められている演技派俳優です。

かるた部の面々も、絶賛売り出し中の上白石萌音をはじめ、今後の活躍が期待される矢本悠馬・森永悠希などフレッシュな顔ぶれとなっています。

 

 

「ちはやふる」とは?

 

タイトルにもなっている「ちはやふる」とは、どういった意味なのでしょうか?

 

「ちはやふる 神代も聞かず 竜田川 からくれないに 水くくるとは」

タイトルの由来は、百人一首に収められている在原業平が詠んだ句でした。

こちらを要約すると…

「すごく色々な事が起きていた太古の昔の神様の時代でさえ、聞いたことがありませんでした。竜田川がこれほど、うつしく紅色に染まるということを」となります。

美しい情景を詠んだ歌に聞こえますが、在原業平が好きな女性に送った歌であり、恋愛の歌だといわれています。

 

プレイボーイで学は無いが、和歌の才能だけはあったと言われている(「三十六歌仙額」)

 

 

予告編

 

 

THE・青春映画といった感じですね。主演の広瀬すずは、透明感バツグンで迫力すら感じます。

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

王道スポ根されどマンネリ感はなし。

 

ひたむきに競技かるたに打ち込む瑞沢高校かるた部を、いつのまにか全力応援してしまう。部を新たに立ち上げるため、部員集めに疾走し、仲間との固い絆を結ぶまでの過程をまざまざと見せつけられれば、誰だってこんな気持ちになるはず。

 

「競技かるた」というスポーツそのもにに対しても興味を抱く内容でした。伝統芸能や文化活動といったイメージだったかるたのイメージがガラッと変わる。

静寂の後、スパンッという畳を叩く音が響き渡り、歓声が上がる。この一連の流れは、爽快感すらあり気持ちが良い。

競技かるたは、れっきとしたスポーツであると認識させられました。

 

この作品は三部作となっており、この第一作では、都大会を優勝し全国大会の切符をつかむところで終わっています。順当にいけば、次回作は全国大会が舞台となるはず。新たなライバルの登場や新の復活など、楽しみなポイントが盛りだくさんですね。

 

 

 

 

こちらもオススメ!

 

[blogcard url=”http://gottani-lifehack.com/tihayahuru-simonoku#i-6″]

 

[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E9%A6%96-%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%84%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA/dp/B00SHX1HSQ/ref=as_li_ss_tl?s=instant-video&ie=UTF8&qid=1538230527&sr=1-6&keywords=%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%9F&linkCode=ll1&tag=dlcd60260e-22&linkId=9c649350d5417d2e459fc5fe68dda90a&language=ja_JP”]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。