『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 今度は”侵略者”となり、世界のジョーシキを根こそぎ略奪する!! 【チラシレビュー・あらすじ・ネタバレ】

 

 

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』

 

 

表面

 

 

2015年/アメリカ

 

【監督】

  • マイケル・ムーア

【出演】

  • マイケル・ムーア

 

 

 

裏面

 

 

あらすじ

これまで政府に目の上のたんこぶ扱いされてきた映画監督のマイケル・ムーアは、ある日、アメリカ国防総省のお偉方たちにある相談を持ち掛けられる。彼らの必死の訴えに心を動かされた彼は、国防総省に代わり自分が侵略者として世界中に出動することを提案する。ムーアは空母ロナルド・レーガンに乗り込み、ヨーロッパへと向かう。(シネマトゥデイ)

 

 

 

見どころ/ポイント

 

icon-check-circle アメリカの社会問題に鋭く切り込んできたマイケル・ムーアにまさかの政府から要請が!?

 

icon-check-circle 今のアメリカの必要なものを探すためマイケル・ムーア自ら世界中を飛び回る

 

icon-check-circle 様々な国の驚きの新常識を学べる社会見学ドキュメンタリー

 

 

予告編/トレーラー

 

 

 

鑑賞後レビュー(※ネタバレを含みます

 

様々な国を侵略(訪問)し、アメリカに戦利品(良いアイデア)を持ち帰る。
自国への懐疑と愛を忘れないユーモアに溢れたドキュメンタリー。

 

他国の良いところとアメリカの問題点を同時に浮き彫りにしていく訳だけど、それぞれテーマがちがうので、これまでのマイケル・ムーアの作品と比べると、全体的に主張が薄まっている。その分偏りすぎていないのでサクッと見やすい。

 

もしこのぽっちゃりご意見番が日本にやってきたら、一体どんな戦利品を持ち帰るだろう。そして、日本人も他国への侵略活動を今すぐ始めるべきじゃないか?

 

 

 

こちらもオススメ!

 

準備中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。